お役立ち情報・risoco活用術

溢れるモノを区別する秘策がある!!“クローゼット編”

このエントリーをはてなブックマークに追加

モノはついつい買ったり貰ったりしてどんどん増えていきます。増えるところに意識を向けていない方が多いので(実は私もその一人でした)モノが溢れていきます。モノの判断がつけやすくなる箱を使っての方法をご紹介します。

必要なモノだけに囲まれたら毎日幸せ気分!!

クローゼット

私たちが住む日本では使っていないモノが家の中に3割〜7割ぐらいあるって知ってました?

私も整理収納の講座でいろんな方に向けてお伝えし、片付けの訪問もしていますが、いかにモノが多いかを目の当たりにしてきました。 と言っても私もその中の一人でしたが・・・。

例えば、クローゼットの中に、お気に入りのワンピースがあるとします。勿論そのワンピースを着た日は、一日中気分が良いわけです。そのクローゼットの中には、あまり着ない(着てもテンションが上がらない)洋服も入ってる。1度や2度着ている服は良いですが、1年~何年も全く着ない服もあったりします。でも同じクローゼットの中に入っていると、全て必要なモノに見えてくるものなんです。

ではどうしたら判断がつきやすくなるのかお伝えしましょう。

お気に入りとそうじゃないモノを区別しよう!

クローゼット

クローゼットの中にある服を見て本当に着ているのか判断してみましょう。はじめはここが難関になるんですよね〜。

“まだ新しい”とか“痩せてから着る”、“高かった”等いろんな理由が出てきて、ずーっとクローゼットに鎮座してしまうのです。

「捨てるのがもったいない」という気持ちに支配されてしまいます。 それも同じ空間に入っているからなんですよ。

では、捨てるのでは無くそのクローゼットの中のあまり着ていない服を見極めていきます。クローゼットの中を全て出してみて、一つ一つ向き合います (捨てる決断ができたモノはそのまま処分してください)。

クローゼットの中はよく着る服やお気に入りの服が余裕を持ってかけられていると、全て把握できテンションも上がってきますよ。 でもそんな簡単に判断が出来ないんですよね。ではここで特別な方法をご紹介します。

お助けマン“もしかしてBOX”を使ってみよう!

お助けBOX

整理とは言ってもモノはすぐに処分できないものです。だからワンクッション入れてみます。

使ってる、使ってない(すぐ処分出来るモノ)と判断して、どうしようかな?と悩んだものを区別し箱に入れます(同じ空間に入っていると必要なモノと錯覚してしまう)。そして箱の中のモノを書いてラベルを貼る。花柄のワンピース、黒のタイトスカート等、詳しく書きます。そしてその日にちも!これが“もしかしてBOX”(もしかして使うかもしれない意味で(笑))。

そこでその箱はクローゼットから離して収納します。処分せず必要な時に使えると言う安心感で割と判断しやすくなります。 クローゼットの中はスッキリしてご機嫌なモノばかりで、お出かけの準備も楽しくなりますよ。

この“もしかしてBOX”を倉庫に預ける。これオススメです!気軽に 預けて、家にスペースが出来て必要な時に簡単に戻せる。“risoco”は上手く利用すれば重宝しますよ。

詳しくは「risocoとは?」をご覧ください。

  1. まとめ

    私たちのまわりにはモノが溢れています。必要な時に必要なモノが出て来ない。だから買う。そして必要じゃない時に出て来る、嘆く・・・。モノが沢山ありすぎる事で、日常で起こってしまいます。今回はクローゼットを例に出しましたが、どこの収納スペースも同じです。少しづつモノを減らす日常にしていきましょう。

MA3_0224_1
この記事の執筆者
希代 並紗甫
(きたい みずほ)

「自分の人生最高!と笑顔で言える人を増やしたい」という理念のもと、笑顔が広がるという意味で「にっこりフレアー」を主宰しています。

フリーアナウンサーやイベントMCなど活動は多岐に渡りますが、数多くの方々とお会いする中で、子育てや、人間関係、仕事等。色んな方向で悩む方々を見てきました。

片付けをきっかけに、ココロの在り方や、自分自身を理解するツールとしても学んで頂けたらと、整理収納アドバイザー2級認定講師の資格を取得。2級認定講座を定期的に開催しています。

2級認定講座等は随時開催予定です、詳しい日程などは次のURLをご覧ください。 ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

http://nikkoriflare.com/?page_id=136

にっこりフレアー 代表

HP:http://nikkoriflare.com/

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術