お役立ち情報・risoco活用術

衣装をすっきり収納させる!クローゼットの使い方のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

衣装が多すぎて、クローゼットがいっぱいになってしまった…。そんなときはクローゼットの使い方を見直してみませんか?今回は、クローゼットの賢い使い方のコツをご紹介します。

空間を仕切ってフル活用する

「衣装 クローゼット」見出し1

クローゼットは高さのあるものが多いため、無駄なスペースを発生させないことがポイントです。

ハンガーラックの上と下に空間はありませんか?上部に棚があり、空間が空いている場合は、使用頻度の低いものをしまっておけるような衣装ケースを用意して置くようにします。下にスペースがある場合は、引き出しや衣装ケースを置いて、空間を埋めましょう。

クローゼットは、「上部」「ハンガーラック」「下部」の3つに区切って収納すると、たくさんの衣装がしまえるようになります。そのため、カバンや帽子、ベルトといった小物も、ひとつのクローゼットに収納できないか試してみましょう。

ハンガーラックの賢い使い方

「衣装 クローゼット」見出し2

クローゼットのメインと言えばハンガーラック。服のしわや型崩れを防ぐために、あまりたくさんつりすぎないようにします。

並べ方のコツは、シーズンごと、アイテムごと、色別に分けることです。整理整頓しながら収納すると、クローゼットを開けたときに全体が見やすく、取り出しやすくなります。

つるしたときの丈の長さをそろえると、下に空間ができて、さらに収納スペースを確保することができます。

クローゼットは空気がこもりやすいので、防虫剤のほかにも消臭剤を活用すると、快適に使用することができますよ。

頻繁に使うものは引き出しに

「衣装 クローゼット」見出し3

クローゼットの中にも、季節を問わず頻繁に使用するものがありますよね。例えばハンカチやスカーフ、靴下といた小物類です。

頻繁に使う小物は、ふたつきの衣装ケースではなく、引き出しタイプの収納を利用するのがおすすめです。引き出しを開けたときに見やすいように、小さく折りたたんで収納しておきましょう。

例えば私は、ハンカチなどは上に重ねるように収納するのではなく、立てて収納しています。そのため、いつ引き出しを開けても、使いたいものが取り出せるようになっています。

引き出しに衣類を収納する際は、よく使うものを手前に置き、使用頻度の少ないものを奥に置くことがポイントです。

まとめ

クローゼットの使い方を見直すことで、今まで収納しきれなかった衣装も収納できるようになります。

ポイントは、いかに無駄なスペースを埋めるかです。ご家庭のクローゼットに無駄な空間があれば、ぜひ改善してみてください。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術