お役立ち情報・risoco活用術

一生の思い出、赤ちゃんのエコー写真を上手に保管する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹の赤ちゃんの成長を確認する妊婦検診でもらえる、赤ちゃんのエコー写真。 お母さんのお腹の中で、どんどん大きくなっていく赤ちゃんの様子が可愛く映し出されるエコー写真は、一生の思い出として大切に保管しておきたいですよね。

赤ちゃんのエコー写真はすぐに消えてしまう!?

1

最初に心得ておきたいのが、赤ちゃんのエコー写真は経年とともに薄くなってしまいます

エコー写真は感熱紙でできているので、光や熱に弱く、日の当たる場所に置いておくと、消えてしまうのです。

また、非常に薄いので、そのまま保管しておくと、角が丸まってしまったり、普通の写真と比べてホコリも付きやすいので、すぐに劣化してしまうのです。

※写真は筆者のエコー写真ですが、1年くらい冷蔵庫に貼り付けていたため、消えてはいないものの、角が丸まって、ホコリで表面がガビガビになってしまいました…

スキャンしてデータ化や、写真に現像しよう!

2

大切な赤ちゃんのエコー写真が悲しい結果になってしまわないように、コンビニや写真屋さん、またはご家庭にあるスキャナーを使って、データにしておくのをおすすめします。

データとして残しておけば、おばあちゃんやおじいちゃん、友達にも、エコー写真をメールで送信できますし、フォトブックサービスを利用してアルバムを作るときにも便利です。

写真のデータを添付するだけで簡単に注文できて、低価格でフォトブックを作成できるサービスが増えているので、ぜひインターネットで検索したり、写真屋さんで尋ねたりしてみてください。

万が一、写真に現像していたのになくなってしまっても、データがあれば安心感がありますよね。

エコー写真専用のアルバムを使ってもOK♪

3

最近では、現像したエコー写真を可愛く保管できる、マタニティアルバムも増えています!

妊娠週数に合わせて、エコー写真をレイアウトできたり、そのとき感じたことをメモできるスペースがあったり、ストーリー仕立てになっているものもありますよ。

また、フリーアルバムに写真を貼って、自分好みでシールやメッセージを添えてデコレーションするのもおすすめです。

まとめ

可愛い我が子が大きくなったとき、お腹にいたときのエコー写真を一緒に見返しながらおしゃべりする日を想像すると、わくわくしちゃいますね。

お母さんの愛情がたっぷり詰まったアルバムやフォトブックを作って、大切なエコー写真をいつまでも残してみてください。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術