お役立ち情報・risoco活用術

冷蔵庫の中をスッキリ収納したい!綺麗な状態をキープするポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日活用している冷蔵庫は整理整頓された状態をキープするのが難しいですよね。必要な食材を探すのに時間がかかったり、いつの間にか消費期限が切れてしまうなんてこともあります。そこで冷蔵庫を綺麗な状態に保つために心得ておきたいポイントを紹介します。

どこに何を収納するか決める

1

冷蔵庫の中をスッキリと収納し整理整頓させるには、食品の部屋を決めてあげましょう。卵や麺類、調味料や飲み物、大豆製品など自分がわかりやすいようにジャンルごとで分類して、どこに何を置くか部屋を決めていきます。

食品や用途ごとで分類してもいいですし、賞味期限順に分類するのもおすすめです。野菜室や冷凍庫も、大体で良いので、どこに何を置くか決めておきます。

冷蔵庫が散らかってしまうことで起きてしまう問題の多くが「埋もれてしまうこと」です。必要なときに必要なものを取り出せるようにしましょう。

容器を活用してスッキリ収納!

容器

冷蔵庫の中に保存するものの分類、ポジション決めが出来たら、小物を活用してよりスッキリとした環境を作ってあげましょう。

100円ショップなどで購入できる容器やタッパー、ビン、バッドなどを活用しながら仕切りを作ります。取り出しやすい取っ手付きの容器や、収納するものに合わせて様々な大きさの容器を用意しましょう。容器を活用することで、冷蔵庫の中に生まれやすいデッドスペースを有効活用することができますよ。

どの容器に何が入っているのか判断しやすいように、ラベルを貼っておくのもおすすめです。

定期的な断捨離も忘れずに!

3

特に冷蔵庫の中は「いつか使う機会があるかもしれない」と思っている不必要なものが眠っている可能性があります。食品なので、いつか使うと思っていても消費期限切れで捨ててしまうなんてことも多いですよね。無駄な買い物をしていないつもりでも、1週間~1ヶ月に1回程度は断捨離を行いましょう。冷蔵庫だけでなく冷凍庫もしっかりチェックしましょう。

普段使用する機会がない食材や調味料は、大容量サイズのものを購入してしまうとついつい余ってしまいがちです。大容量サイズの方がお得かもしれませんが、使わなければ無駄を招いてしまう原因となるので、使用する機会がない食材や調味料は小さめのサイズを購入するように心掛けましょう。

  1. まとめ

    毎日お世話になっている冷蔵庫の中身をスッキリ収納し、整理整頓された状態をキープすることで食材の把握がしやすくなることから節約に繋がります。一度、冷蔵庫の収納ルールを決めて環境を整えてあげると綺麗な状態を保つのも難しいことではありませんよ。ぜひ試してみてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術