お役立ち情報・risoco活用術

腕時計の保管方法とお洒落な収納アイデア!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の生活の中で欠かせないファッションアイテム「腕時計」は年齢問わず、男女ともに愛されているアイテムでもあります。たくさんの腕時計をお持ちの方もいらっしゃいますよね。そんな腕時計の保管方法とお洒落な収納アイデアをご紹介します!

腕時計の保管に適している場所とは?

1

腕時計の保管は基本的に室温であれば問題がありません。 長期保管する場合は、水分やホコリなどの汚れを拭き取っておきましょう。汚れがついている状態で長期保管してしまうと、故障やサビ、カビなどの原因となってしまいます。

直射日光があたる場所、極端に低温な場所、高温な場所、温度が安定しない場所や、サビが発生しやすくなる湿度の高い場所は保管に向いていません。

高温になりやすく、直射日光があたる車の中や、湿度の高いお風呂場などで保管するのはやめておきましょう。 また、磁気が発生しやすい電化製品の近くでの保管も精度に異常を来す原因となります。

腕時計専用のコレクションケースに保管する

2

様々な種類の腕時計専用のコレクションケースが販売されています。クリアなアクリル製のコレクションケースやアタッシュボックスタイプ、木製で出来たものなど、腕時計のベルト部分が痛むのを防いでくれるクッション付きのものもあります。

もちろん、購入時についているボックスで保管するのもおすすめですよ。 コレクションケースやボックスで保管しておけば、ホコリや汚れ、傷がつきにくいので、特別な日にしか使わない腕時計などは裸で保管せず、ケースで保管するのが良いでしょう。

腕時計専用の保管グッズ以外でも保管できる

3

腕時計専用の保管グッズでなくともアイデア次第で、ラップの芯くらいの太さの筒状のものや、マスキングテープホルダー、インテリアフックは腕時計スタンドとして活用できます。

よく使用する腕時計についてはケースや引き出し、ボックスの中で保管していると取り出しにくさを感じてしまうかもしれないので、腕時計スタンドで保管するのが良いかもしれませんね。

また、見えるカタチで保管しておくと、お部屋のインテリアの一部になりますよ。

  1. まとめ

    大切な腕時計は保管方法やメンテナンスを行うことでいつまでも綺麗に使い続けることができます。体に身につけるものなので、汚れていないように見えても汗に含まれている水分や塩分が劣化の原因に繋がる可能性があるので、定期的にお手入れを行ってくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術