お役立ち情報・risoco活用術

カメラやレンズを保管するときのポイントは湿気対策が重要!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラをお仕事にしている方だけでなく、趣味としても気軽に親しめるようになったカメラ。カメラ女子という言葉が登場するほど、多くの方たちに愛されているカルチャーとなっているカメラを保管するときのポイントや注意点をご紹介します。

カメラやレンズは湿気が苦手!?

1

カメラやレンズはカビの原因となる湿気を苦手としています。例えば、レンズにカビが発生してしまうとカビが邪魔をして美しい写真を撮影できなくなってしまいますし、カメラ本体も故障の原因となってしまう可能性があります。

湿度の高い梅雨の季節にしかカビは発生しないと思われがちですが、年中を通して湿気対策を行わなければなりません。

除湿効果のあるボックスで保管するだけでなく、使用したあとはカビのエサとなってしまう手垢やホコリなどをしっかり拭き取ってから保管しましょう。

カメラやレンズのお手入れ方法は?

2

カメラやレンズは保管方法だけでなく、お手入れすることで長く愛用することができます。お手入れするためのグッズとして、次のようなものを使用します。

  1. ・ブラシ
  2. ・ブロアー
  3. ・クロス

まず、カメラやレンズに付着している大きなホコリをブラシで除去し、そのあとブロアーを使って小さなホコリを飛ばします。そのあと、クロスを使ってボディー全体やレンズを綺麗に拭きあげます。

レンズはとてもデリケートなので、レンズ専用のクロスを用意しておくのもおすすめです。お手入れするタイミングとしては、カメラを使い終わり片付ける前が理想的です。肉眼では見えないホコリもあるので、こまめにお手入れしましょう。

押入れやクローゼットは湿気の宝庫!?

3

カメラやレンズを押入れやクローゼットで保管している方も多いかもしれませんが、押入れやクローゼットは湿気の宝庫です。

防湿庫や防湿ボックスなどに入れて保管するようにしましょう。また、除湿剤を一緒に入れて保管できるタイプのものを選ぶと、より安心ですよ。

面倒に感じてしまうかもしれませんが、こまめなお手入れと湿気対策が出来ていれば、カメラやレンズが傷んでしまう原因を取り除くことができます。もちろん家での保管方法だけでなく持ち歩くときは衝撃から防げるように専用ケースに入れておきましょう。

  1. まとめ

    良い写真を撮影するためには、カメラやレンズの保管に適している環境を作り、お手入れしてあげることが重要なポイントとなります。相棒のカメラやレンズでいつまでも写真を撮影できるように保管とお手入れに力を入れてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術