お役立ち情報・risoco活用術

便利だけど気をつけよう!引っ越し預かりサービスのメリット&デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し

はじめに

引っ越し預かりサービスとは、引っ越し会社が一時的にトランクルームや倉庫などに荷物を預かってくれるサービスのことです。ここではそんな引っ越し預かりサービスについて依頼の流れやメリット・デメリットなどについてまとめてみます。

引っ越し預かりサービスのメリット&デメリット

引っ越しは決まっているもののまだ新しい転居先に荷物を入れることができないという場合に、住んでいた家から出した荷物を預けられるので、大変便利なサービスです。

引っ越し業者が行っている荷物預かりサービスのほとんどは自社コンテナにお客様の荷物を保管することが多いです。また、トランクルームの運営も行っている場合はそこに保管することもあります。

引っ越し預かりサービスの最大のメリットは引っ越しのプロがあなたの荷物をていねいに運んでくれることや、自分でトランクルームなどの保管先を見つけたり、契約したりする手間がないことです。

しかし、デメリットがないとは言えません。たとえば、いったん荷物を預けてしまうと取り出せない場合が多いので使う可能性のあるものは預けない方が無難です。

さらに、可燃物や現金、有価証券、美術品などは預かることができないという場合が多いため、ご自分の持っている荷物が引っ越し預かりサービスの対象となるかどうか前もってチェックしておく必要があります。

引っ越し預かりサービスを依頼する流れ

引っ越し預かりサービスを依頼するケースとしては、引っ越し日と入居日に期間がある場合や、自宅を建て替える場合、新居に持っていけない大型な家具がある場合、リフォーム期間などが挙げられます。

そういった時に依頼する流れとして、引っ越し業者に見積もりを依頼、依頼先が決まったら荷造り、不用品や家財の搬出、保管庫への輸送、保管、搬出、新居への搬入という具合です。

なお、引っ越し業者に預けたい荷物があれば引っ越しの見積もりの際に前もって量やサイズをきちんと伝えておきましょう。それらを正確に引っ越し業者に伝えていないと、業者が預かることのできない荷物だったとか、保管庫に入らなかったなど、後になってトラブルの原因になることがあるからです。
必ず自宅に来てもらい見積もりを取って荷物の内容や量を確認しておいてもらいましょう。

引っ越し

まとめ

引っ越し預かりサービスのメリットやデメリット、依頼の流れについてご紹介しました。困ったときに、非常に便利なサービスです。今後引っ越しされることがあって、荷物の置き場所に困られた場合は、引っ越し預かりサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術