お役立ち情報・risoco活用術

自宅で保管は難しい!今話題の楽器を預けるサービスって?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

nゲージ

はじめに

楽器を始めるとなると、曲に合わせてさまざまな楽器が欲しくなってしまい、結果的に収納場所がなくなってしまうということがあります。そんな時にありがたいのが楽器を預けることのできるサービスです。

楽器を保管する最適の環境とは

楽器を良い状態に保つには湿度を40~50パーセントの状態にしておく必要があります。
有名なアメリカのギターメーカーでは工場内の湿度が常にその位に保たれており、温度は22度に維持されているそう。

さらに、楽器を保存する場合温度が15度以下には絶対にならないよう管理されているメーカーもあるほどです。つまり、楽器を保管するには常に温度と湿度のコントロールが必要だということになります。

特に、高級なギターの場合本来の鳴りが重視するため薄いラッカーを塗っているので、湿度や温度の影響を受けやすいと言われています。

ご家庭で楽器を保管するには湿度が高い時は除湿器を使ったり、クーラーの除湿を利用したり、最近では乾燥材も出ているので、そういったものを使うといいでしょう。

楽器を預けるサービスとはいったい?

しかし、本当に自宅で楽器を最適な状態で保管するのはかなり困難だと言えます。
楽器を預けることができるサービスはあるのでしょうか?

最近話題になっているものに倉庫会社が提供する楽器を預かるサービスがあります。
このサービスは倉庫内に空調設備が完備されており、温度や湿度が常にベストな状態に保たれています。

もし、万が一保管している間に事故が起こった時のため火災保険にも入っていて、料金は広さによって違っていますが、7千円程度から利用できます。

さらに、都内の音楽スタジオの中にはスタジオを定期的に利用している方へのサービスとして、機材や楽器を預けることができるサービスを提供しています。

これは音楽スタジオを利用する際、楽器を持って行く手間を省くためのものなので、長期間楽器を預かってくれるというものではありませんが、自室で保管をするよりは良い環境となるケースが多いでしょう。

nゲージ

まとめ

楽器を自宅でベストな状態で保管するのは設備を整えなければならないので難しいですが、本当に必要であれば楽器を保管してくれるサービスを利用するのも検討してみましょう。

ぜひ、大切な楽器をベストなコンディションで守ってあげてくださいね!

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術