お役立ち情報・risoco活用術

デキる男なら知っておくべき!人と差がつくスーツの保管方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツ

はじめに

デキる男ならスーツをかっこよく着こなすだけでなく、日ごろからビシッとしたイメージを与えるため、保管方法にも気を配りたいもの。正しくスーツをメンテナンスして人と差をつけましょう。

スーツの正しい保管方法とは

・保管する前に必ずブラッシングを
みなさんはスーツを保管する前にブラッシングを行っていらっしゃるでしょうか?

スーツをきちんとメンテナンスする前に行うべきことは脱いだ後のブラッシングだと言われています。スーツの素材はほとんどがウールなので、汚れやホコリなどをつけたままで保管してしまうと、生地がしわになったりしてしまうため、もちが悪くなると言われています。

ブラッシングの流れですが、まずは前をブラッシングします。上から下へと繊維に沿い、そっと軽くブラッシングしましょう。肩は最もホコリがつきやすいため念入りにブラッシングし、ラベルがついたところは裏地に手を当てブラッシングします。

衿の裏側の返り線と言われる部分もホコリがつきやすいと言われているため、上衿側は立てて手を添え、下に向かってそっとブラシを当てましょう。最後に後ろも同様に上から下へとそっと繊維をなでるようにブラッシングします。

・保管する前にクリーニングの袋を外す
スーツは一般的にクリーニングすることが多いですが、ビニール袋をそのままにしてしまっている方は要注意です。ビニール袋をそのままにして保管してしまうと通気性が悪くなるため、スーツを長期間保管する際はスーツを買った時に入れてあった不織布でできたガーメントケースに入れて保管しましょう。

もし、なくしてしまった場合は新たに購入し利用するようにしましょう。このガーメントケースがあったとしても、すぐにクローゼットに入れるのは禁物です。

スーツはクリーニング後ビニール袋に入っているため湿気がこもっているので、数時間~半日くらいは風通しのいいところで陰干ししてからクローゼットに収納します。なるべく晴れた日に部屋の窓を開けて行えると良いでしょう。

クローゼットにスーツを保管した後も、できれば陰干しを月1回はやっておくと、虫干しにもなりカビの発生などを見つけることもできます。

スーツ

まとめ

スーツを保管する際にやっておくべきことをお伝えしました。一見面倒だと思われるでしょうが、慣れてしまえばそんなこともありません。
人と差をつけたい、スーツを常にビシッと着こなしたいというビジネスマンの方は、ぜひ実践してみてくださいね!

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術