お役立ち情報・risoco活用術

お部屋をすっきりキレイに見せるポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

収納にこだわってお部屋をすっきりキレイにしたはずなのに、ゴチャゴチャした印象を与えていませんか?そんなときはお部屋のあるポイントに注意してみましょう!今から簡単にできるお部屋をすっきりキレイに見せるポイントをご紹介します。

お部屋全体の色を揃える

1

お部屋の収納ボックスや書類ケースの色や、家具の色、カーテンとラグの色には統一性がありますか?家具やカーテン、ラグは今すぐに色を揃えれなくても、収納ボックスや書類ケースの色は揃えることができます。棚の収納に使用している小物の色をなるべく揃えてみましょう。

また余裕があるときに家具やカーテン、ラグなど大きなものの色も揃えることをおすすめします。リビングは○色、寝室は△色、子供部屋は□色というように、部屋ごとにテーマカラーを決めましょう。

高さを揃えてすっきりさせる

2

色だけでなく、お部屋全体の「高さ」を揃えるとすっきりとした印象を与えることができます。また、ベッドやソファ、キャビネットなど大きな家具は低めのものを選ぶとお部屋の圧迫感がなくなり、広々とした印象になります。

本棚の本の高さがあべこべになっていたら揃えて、お部屋の中で背が高い部分をそぎ取ってあげるように片付けてみましょう。

お部屋に入ったときに一番最初に目に付く高さの置物や家具、インテリアなどはもしかするとゴチャゴチャした印象を与える原因になっているかもしれません。

部屋の視点を設定する

3

すっきりキレイな印象を与えるお部屋作りのポイントは「部屋の視点を設定する」ということです。例えば、ダイニングチェアで座っているとき、寝転んでいるとき、ソファにもたれているときでは視点が異なりますよね。様々な視点の高さがありますが、どれかひとつの状態のときの視点を設定して、その視点に合わせてお部屋作りをしていきましょう。

仮にソファーに座っているときの視点の高さでお部屋を作っていくと設定したら、インテリアの配置をソファーに座っているときの視点でバランスを見ていきます。

視点を統一してお部屋のインテリアを決めたり、片付けを行うとすっきりしますよ。

  1. まとめ

    お部屋に使われている色は揃っていますか?また色数が多くなっていませんか?部屋の視点、高さは揃っていますか? もちろん色や高さがバラバラでもセンスがあれば美しく見せれますが、無難にすっきりしたお部屋を作りたいなら、色と高さ、視点を揃えることが重要です。なかなかお部屋がキレイにならない!という方はこのポイントに気をつけてみてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術