お役立ち情報・risoco活用術

スーツはメンテナンスしながら大切に保管しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お仕事、冠婚葬祭など様々な場面で活用するスーツはキチンとしている印象を与えれますが、お手入れや保管方法を間違えてヨレてしまうとだらしない印象を与えてしまうこともあります。大切にスーツを愛用するために心がけておきたいポイントをご紹介します。

スーツを脱いだらお手入れしよう!

1

お仕事終わりにスーツを脱いでそのままくつろぎたい!という気持ちがあるかもしれませんが、スーツをパリッとした姿のまま長持ちさせるためには、日々のお手入れが欠かせません。

スーツを脱いだらまずはポケットの中身を取り出して型が崩れるのを防ぎましょう。そのあと、スーツ全体をブラッシングしてホコリを除去します。

スーツの生地はホコリがつきやすく、肉眼では確認できないようなホコリが付着している可能性があります。ホコリや汚れをそのままにしておくと虫食いの原因になるので、こまめにブラッシングをして除去しましょう。

シワや臭い対策にアイロンも忘れずに!

2

毎日クリーニングに出せないスーツですが、料理屋さんやタバコ、汗の臭いやシワがついたら自分でアイロンをかけてお手入れすることをおすすめします。

シワ取り用のスプレーは柔軟剤のいい香りがついているものもありますし、スチームアイロンの蒸気でシワだけでなく臭いを落とすこともできます。

シワや臭いもそのままにしておくと、どんどん落ちにくくなってしまうので、気になったときにアイロンやスプレーでお手入れしましょう。アイロンをかける際には、スーツの洗濯表示などを確認して適した温度を把握しておきましょう。

スーツはハンガーにかけて保管しよう

3

しっかりお手入れしても、そのままで保管しておくとまたシワがついたり型崩れを起こしてしまいます。肩幅の合ったハンガーを使って保管しましょう。

また、衣替えなどで長期保管する場合はクリーニングに出して家庭では取り切れない汚れを綺麗にしてもらいましょう。クリーニングに出して返却される際にはビニル袋に入っていますが、ビニル袋は湿気が溜まりやすくカビの原因になるので、ビニル袋を外して、虫食い防止剤などと一緒に保管しておくことをおすすめします。

  1. まとめ

    こまめにメンテナンスを行い、型崩れを起こさないように保管することで、スーツを長く愛用することができます。せっかくいいスーツを購入してもシワだらけだと勿体無いですよ。お手入れを日頃の習慣にして、いつまでもパリッとしたスーツで過ごしてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術