お役立ち情報・risoco活用術

捨てられない。どんどん増えていくCDを保管するアイデア

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お家の中のCDがどんどん増えていく」、音楽好きにありがちなお悩みです。CDは気軽に買えるけど、大変なのが保管スペースの確保ですよね。 今回は、捨てることはできない大切なCDを保管するアイデアをご紹介します。

デッドスペースに棚や収納スペースを設置する

1

もうお部屋にラックが置けない!という方は、デットスペースを活用してみましょう。

壁面に設置できる棚や収納ボックス、また、CDの保管専用のビニールタイプの壁掛けファイルが販売されています。壁面に収納することで、保管スペースを確保できるだけでなく、おしゃれなディスプレイにもなります。CDと一緒に造花や小さな時計など雑貨を並べてみると、より一層、自分のセンスをアピールできます。

壁面のデッドスペースだと圧迫感を感じてしまう場合は、収納ボックスに保管して、ベッド下のデッドスペースに閉まっておくのもおすすめです。

CD収納ホルダーで保管する

2

CDをジャケットから取り出して、CD収納ホルダーに保管すると、スリムで大容量の収納が実現します

ただし、CDの記録層はとてもデリケートで、傷がついてしまうと再生できなくなってしまうので、不織布付のCD専用ホルダーを使いましょう。

また、別のポケットに歌詞カードを入れておくと、歌詞カードの迷子を防止できます!

「ジャケットをとっておきたい」という方には向いていませんが、CDを聴く頻度が高い方には、取り出しやすくて便利です。

CD収納ホルダーは、100均などでも販売されています。デザインも種類が豊富なので、あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

ラックに目隠しカーテンを付けてスッキリ見せる

3

CDラックに収まるけれど、無数のCDに圧迫感を感じてしまったり、ゴチャゴチャした印象を与えてしまうこともありますよね。

そんなときは、CDラックに目隠しカーテンを付けたり、収納BOXを使うなどして保管してみましょう。

見えてしまうと、ジャケットの上下逆さまや並び順が気になってしまいますし、誰かにCDの内容を見られるのが恥ずかしいという方もいますよね。

ちょっとでも手抜きで保管したい方は、ぜひ見えない収納で、スッキリした見せない保管術を試してみてください。

小さいイーゼルを使ってもおしゃれに保管できる

4

100円ショップなどで販売されている、インテリア用のイーゼルを使って、CDをディスプレイしつつおしゃれに保管するのもおすすめです!

本来、イーゼルは絵や写真を立てかけるためのものですが、100円ショップなどに販売されている小さいイーゼルなら、CDもジャケットごと立てかけることができますよ。

玄関の下駄箱の上や、ラックの上など、少し目線が高い位置にお気に入りの一枚を飾って、おしゃれに保管してみましょう。

まとめ

二重になっているスライド式のCDラックが販売されていたり、可愛くCDをディスプレイしながら保管できたりするグッズがたくさん販売されています。

大切なCDをいつまでも聴くために、丁寧で便利な保管方法を試してみてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術