お役立ち情報・risoco活用術

溢れ返っているクローゼットをスッキリ片付ける収納アイデア

このエントリーをはてなブックマークに追加

身の回りの必需品を収納しているクローゼットが溢れ返っていて困っている方は多いはず。しかし小さなクローゼットであっても、デッドスペースを活用すればスッキリ片付けれるのです!クローゼットの収納で悩んでいる方におすすめしたいアイデアをご紹介!

なるべく断捨離を行うこと

1

クローゼットの片付けを決行する前にまず行いたいのが「断捨離」です。

いつか着る機会があるかもしれない!使う機会があるかもしれない!と思っているモノでも使う機会がなければ不要なモノとなってしまいます。

不要なモノを捨てる概念がなければ、いつまで経ってもスッキリと片付いたクローゼットに辿り付けません。不要だけど捨てるのは惜しいと思ってしまうモノは、ただ捨てるのではなく、知人に譲ったり、リサイクルショップで売るなどしてみてはいかがでしょうか?使ってくれる人の手に渡ることでモノも喜んでくれるはずです。

小物を使う&高さを揃える!

2

小物などを活用し隙間なく収納スペースを作りましょう。例えば、突っ張り棒や吊り下げタイプの収納ボックスを使って、デッドスペースが生まれやすい上部にも収納スペースを増設してあげます。

下部にはカゴや一段になっている収納ボックスを設置したり、クローゼットの扉の内側にフックを付けて、ベルトや帽子、ネクタイなどのファッション小物を収納できるスペースを確保するのもおすすめです。

ラックにかけている衣類は高さ(丈)を揃えておくと無駄なスペースが生まれにくいですよ。

収納ボックスに間仕切り板を使う

3

靴下やハンカチ、下着などの小さなモノをクローゼットの収納ボックスで保管する場合は、衣類用の収納ボックスでは少しサイズが大きいので、間仕切り板を使って仕切りを付けてあげましょう。

例えば三段タイプの収納ボックスでも一段だけ余ってしまうことってありますよね?間仕切り板を使えば小さな収納スペースをたくさん作ることができるので、靴下やハンカチだけでなく、アクセサリーや雑貨なども収納できます。また中途半端な隙間には小物入れを活用しても良いですね。

  1. まとめ

    クローゼットをスッキリ片付けるために、まず重要なことは「断捨離」することです。最近ではフリマアプリやオークションで気軽に不要品を売買できるので、片付ける機会に「捨てるもの」「要らないけど捨てれないもの」を分別してみてはいかがでしょうか? そして、隙間を最大限に活用した収納スペースを作ることも重要なポイントとなります。 クローゼットをスッキリさせると生活も快適になるので、ぜひ試してみてくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術