お役立ち情報・risoco活用術

レンタルトランクルームを上手に利用し、収納ストレスを減らす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
メイン画像

部屋の収納スペースに納まりきらないものを収納しておくのに、レンタルトランクルームという便利なサービスがあります。 レンタル倉庫との違いや、優良なレンタルトランクルームを選ぶ基準について詳しくご紹介いたします。

トランクルームとレンタル倉庫の違いについて

1

「レンタル倉庫」は、基本的に場所を貸すサービスであり、「不動産賃貸契約」となります。

それに対し、「レンタルトランクルーム」は、物を預ける「寄託契約サービス」という部類になります。

トランクルームは、物を預けることが前提のサービスなので、場所だけ借りて好き勝手に物を保管するわけではなく、一つひとつ預けたい物の保管を管理会社にお願いする形となるのが大きな違いです。

預けた物は、管理会社が責任を持って保管しなければならないため、破損や紛失については補償を受けられるのも特長です。 警備会社や機械によって監視されているので、防犯面では非常に安心できるでしょう。

楽器やワインなど自宅での保管が難しいデリケートな物でも、定温・定湿でそれぞれに適した環境で保管してもらえるサービスがあるので必見です。

ただし、こういった大切な物を預けることができるからこそ、信頼できる業者選びが大切になってきます。

信頼できるレンタルトランクルーム業者とは

2

では、信頼できるレンタルトランクルーム業者は、どのように見分ければ良いのかご紹介します。

これがすべてではありませんが、「認定トランクルーム」という、国土交通省に認定された業者を選ぶことが、優良業者を選ぶ一つの基準となるでしょう。

認定トランクルームは、建物や設備、運営や管理などで要件を満たした、優良なトランクルーム業者のみに与えられます。 認定を受けている業者は、パンフレットやホームページなどに認定マークを掲げることが義務付けられているので、「国土交通省」の文字と、認定番号が記載されている認定マークを探してみましょう。

どのような用途で使われているか

3

レンタルトランクルームがどのような用途で使われていることが多いかというと、特に多いのは、シンプルではありますが自宅に納まりきらない物の収納スペースとして使われるケースです。

続いて、引っ越しやリフォームの際の一時的な保管場所としての利用や、趣味やコレクションなどの保管場所としての利用となります。

企業が会社用の物置代わりとすることも、意外と多い利用方法です。

このようにトランクルームは、多種多様な用途で利用されています。

まとめ

自宅に納まりきらず、物があふれているのであれば、レンタルトランクルームの利用も一つの選択肢としておすすめです。

レンタルトランクルームは、業者選びを間違えなければ、大切な物でも安心して預けられるサービスであり、万が一のときでも補償があるので安心です。

ただ、補償の細かい内容は業者によっても異なってくるので、契約の際はしっかりと詳細を確認するようにしましょう。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術