お役立ち情報・risoco活用術

宅配型トランクルームrisocoと通常トランクルームのサービス比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームとは?

トランクルーム

トランクルームとは季節品や思い出の品物などを預けたりする貸し倉庫のサービスです。荷物の管理責任が利用者にあるものが多い「レンタル収納スペース:屋内型」「レンタル収納スペース:コンテナ型」、荷物の管理責任が保管会社にあるものが多い「倉庫内保管タイプ」と、一般的には3つの種類があります。今回はその3種類とrisocoのサービス内容をご説明して、それぞれがどういった方に適しているかをお伝えしていきます。

利創庫(risoco)

risoco

利創庫(risoco)は宅配型のトランクルームサービスです。専用のボックスにお荷物を入れて、宅配便でお荷物を倉庫会社に送り保管するというサービスで、手軽にお部屋を片付けることができます。これまでのトランクルームは自分で荷物を運ばないといけなかったり、最初の契約が非常に面倒で時間がかかる、料金も数千円からと高額になってしまう。など複数の問題を抱えていましたが、そういった問題点を解決するために生まれた新しいタイプのトランクルームサービスです。

複雑な手続きの契約は不要で、WEBだけで申し込みができ、料金も1箱あたりの保管料が1か月300円からと非常に割安です。お荷物の発送や取り出しにかかる費用も宅配便代は無料(取り出しは、預入月の翌月から1年以上預けられた場合)で、誰でも気軽に使えるサービス内容になっています。

子供との思い出の品やコレクションを大切に保管したい方、自家用車などを持っておらず荷物を自分で運ぶのが困難な方、荷物の量的にトランクルームを使うほどでは無いと感じている方などにおすすめです。

メリットは「始めるのに面倒な手続きが不要」「重たい荷物を運ぶ必要がない」「自分の必要な量だけ預けられる」「料金が安価」「セキュリティの高さ」「荷物の保管に対する保証」、デメリットは「取り出し時に1~2日程度必要」「お申込みはWEBからのみ受付」「専用ボックスに入らない物は保管できない」といった点が挙げられます。

レンタル収納スペース:屋内型

レンタル収納スペースとは主に不動産会社が運営を行う、収納場所の提供を目的としたサービスです。賃貸借契約を結ぶ事になるため、荷物は利用者自身で保管責任を持つことになります。一般の人向けに主流なのは、屋内型のタイプで、ビルやマンションの空き室などを利用したり、土地を活用して保管用の建物自体を建築して貸し出したりされています。オリコンの満足度ランキングで1位を獲得したキュラーズや、PRに芸能人を起用したライゼボックスなどが有名ですが、最近はカフェのような内装を施したイナバ96など、特徴的なサービスもでてきています。

ご家庭の大切に保管したいものや、季節物などの保管に利用されることが多く、「24時間出し入れが自由」「温度管理やセキュリティがしっかりしている」といった所がメリットになっています。逆にデメリットとしては、「直接荷物を持ち込む必要がある」「賃貸借契約を結ぶ手間がかかる」「初期費用が必要になる」などどいった点があります。

レンタル収納スペース:コンテナ型

hikaku2

一般的なトランクルームとして、一番認識されているタイプかもしれません。コンテナ型も屋内型と同じく、賃貸借契約を結ぶサービスになります。業者の備品や、普段はあまり使わないけれども保管環境にあまり気を遣う必要がないものの保管に利用される事が多いです。屋内型が自宅外のクローゼットで、コンテナ型が倉庫といったイメージです。

メリットしては「ほとんどが直接、自家用車を横づけ可能」「価格が比較的安価」。デメリットとしては「保管環境があまり良くない場合が多い」「セキュリティ面で不安がある」といったところが挙げられます。

倉庫内保管タイプ

倉庫内

押入れ産業や住友倉庫が有名です。倉庫会社が一般の人の荷物の保管に提供している倉庫で、寄託契約に基づいて、荷物の保管保証があります。オフィスやお店などの備品保管や長期海外出張の時の家財保管、自宅の建替や引っ越しの時の一時保管などに利用される例が多くなっています。荷物の出し入れは倉庫会社が行うか、担当者が立ち会うため自由に荷物を取り出すことはできません。

メリットは「セキュリティの高さ」「荷物の保管に対する保証」、デメリットは「自由に出し入れができない」といった形になります。

  1. 自分にあったサービスを探しましょう

    トランクルームと一概に言っても各タイプにそれぞれ特徴があるため、自分が必要としてるサービスの特徴を見極めることが大切です。今預けようとしている物は自分にとって本当に必要な物なのかどうか、再度確認をしてみましょう。単純に置いてあるだけのものならば、1年間等で期間を区切って、設定した期間に利用しなければ自分にとっては不要と考えて処分するのも良いかもしれません。こういった自宅以外の保管場所を使う場合は、どうしても費用がかかってきます、しっかりと考えた上で本当にトランクルームが必要かどうか判断するようにしましょう。

risocoは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術