お役立ち情報・risoco活用術

大人女性の「歯のケア問題」を後回しにしないための4つのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯

6月4日~10日は「歯と口の健康週間」です。何かと忙しい女性の毎日。大切にしなくてはと思いつつ、歯のケアは後回しになりがちではありませんか?健康面だけでなく、美容面でも気になる大人女性の歯のケア事情。楽に続けられるコツをご提案いたします。

歯のケアをする「動機」を確認してみましょう!

歯

そもそも、なぜ歯のケアが必要なのでしょう?

  1. 一生自分の歯で過ごしたいから?
  2. 健康に長生きしたいから?
  3. 歯医者さんの治療が苦手だから?
  4. 固いものも美味しく食べたいから?
  5. エチケットのため?
  6. くもりのない笑顔のために?

当てはまる理由はありましたか?私は全部です(笑)

もちろんもっと他にも理由はあると思いますが、こうして書き出してみると、すぐにたくさん「歯の健康・美容」への願望が出てきます。

それなのに後回しにしてしまうのは、一体なぜでしょう?

  1. 気にはなるけど、時間がないから
  2. 他の体調不良と違ってある程度がまんできてしまうから
  3. お肌やヘアスタイルほど目立って美容に響かないから
  4. 面倒だから

このような理由ではないでしょうか?

「歯と口の健康週間」のこの時期をきっかけに、一年に一度は「歯のケア」について次の4つのコツから一緒に考えてみましょう。

コツ1 歯科検診は「やりたいことリスト」で実現

歯

どうしても歯医者さんが苦手です。つい理由をつけて後回しにしたくなることナンバー1です。それが今年は「スケジュール面」の工夫をしたことで、定期的に通うことができるようになりました。

その工夫とは年初に「今年やりたいことリスト」を作ったときに「歯科検診」と書いた、それだけです。

「1月 歯科検診」
「11月 人間ドック」

など、健康管理もリストに入れたところ、1月に予約を取ることができました。「何月」と期限を入れておいたことで行動に移せたのです。歯医者さんでケアを受けることができ、その上「苦手なタスクを達成できた」と自己肯定感を高めることができる、というオマケもついてきます(笑)

その後は、定期検診の日程をハガキでお知らせしてもらうサービスを利用し、3か月ごとに通うしくみもできました。こうして「目標設定する」「忘れないように知らせてもらう」という工夫で、プロによるケアを定期的に受けることができています。

コツ2 毎日の道具をお気に入りでそろえる

歯

毎日の歯みがき道具は、見た目や機能でお気に入りを選び、ケアを続けるモチベーションにしています。

歯ブラシ「やわらかめ」を使用

歯周病ケアを重視して、優しいものを選んでいます。色は白がベースになっているもの。毎月1日にカレンダーと一緒に交換しています。

歯みがき粉

クリーンデンタル(第一三共)歯医者さんでサンプルをもらって以来、気に入って使っています。人工的な香りではないのにサッパリした使用感で、歯周病ケアに効果的、ということで、もう10年くらい使っています。

デンタルフロス

ピック付きのタイプが使いやすいです。ガラスジャーに立てて収納し、取り出しやすく見やすくすることで続けられます。これも白で選んでいます。

洗口液

モンダミン(アース)の刺激が少ないタイプにしています。洗面所の色がゴチャゴチャにならないように、中身が見えない白いボトルを選び、ラベルは外してあります。

コツ3 お出かけ先でも歯磨きをするコツ

歯

色々な説がありますが、やはり歯磨きは食事ごとにした方が良いといわれています。ランチ後の歯磨き、お出かけ先ではなかなかタイミングが難しいですが、私は下記のような準備をすることで、その時にできるケアをしています。

道具は

  1. 家と同じ歯ブラシ(使い慣れているので手早く磨ける)
  2. 家と同じ歯みがき粉(無印良品のチューブに詰め替え)
  3. 携帯用洗口液(歯みがきができないとき用)
  4. 携帯用スプレー(イタリアンなどを食べた時などに)
  5. タブレット(これはケアというよりスッキリ感のために常備)

これらを基本的に常備していますが、バッグが小さいときは洗口液だけにするなど、できる範囲でケアしています。

歯みがきの場所は「百貨店やファッションビルなどのきれいな化粧室を見つけておく」このような小さな工夫で、ランチタイムのお口のケアも取り入れることができます。

コツ4 週に一度は歯にも美白ケアを!

歯

そして最後に見た目です。大切な仕事がある朝には、歯にもパックをして備えます。肌や爪のお手入れのように、大人女性には細部がとても大事。だいたい週に一度ぐらいの頻度で行います。

コーヒーやお茶好きなので、色素沈着が気になるものの、飲むことは我慢できないのでこうしたお手入れすることで帳尻を合わせるようにしています。

日本ではまだ珍しい歯のパック。「スマイルコスメティック  ティースホワイトパック(ライオン)」を使っています。上下前歯のカタチの柔らかいシートタイプを3分間貼ってイオンクレンジングで歯のくすみを浮かし、その後普通にブラッシングをするだけなので、とても簡単です。ツルツル・さっぱりして、白さだけでなくツヤも増す使用感が気に入っています。

大人女性は、残念ながら色んなパーツでツヤが減っていくので、意外な盲点ですが、歯にツヤを出すことも健康美への近道ですね。

  1. まとめ

    自分のことは後回しになりがちな大人女性の毎日。まずは「やりたいことリスト」に歯科検診を入れることから始めてみてください。 小さなきっかけと少しのコツで歯の状態は良くなりますし、笑顔もさらに輝くことでしょう!

ijichi yoko
この記事の執筆者
Ijichi Yoko
(カトリーヌ)

大阪市在住 夫と2人暮らし

インテリア・フラワーshop勤務の12年の経験、カラーの知識を生かし「その方らしい理想の暮らし」を実現するサポートをしております。

取得資格:インテリアコーディネーター、ライフオーガナイザー1級、color+shapeRコーディネーター、色彩検定2級

事業内容:インテリア・カラーコーディネート、インテリアコラージュLesson開催、インテリアセミナー初心者編開催、パーソナルカラーコンサル

夢のライフスタイルを実現する空間づくり
くらしスタイリスト カトリーヌのブログ

ブログ:http://s.ameblo.jp/yotakosalmon/

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術