お役立ち情報・risoco活用術

保管方法で長持ちするか決まる!タイヤの正しい保管方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

季節によって使い分けているタイヤ。 しかし、タイヤは意外と保管スペースを取ってしまうので、物置やベランダなどで保管している方もいらっしゃると思います。タイヤを長持ちさせる保管のポイントをご紹介します!

保管する前にはタイヤをお手入れしよう

1

はじめに、タイヤを保管する際は、タイヤについた土やホコリ、油分など汚れをしっかり洗い流しましょう。汚れを落とさず保管しておくと、タイヤのゴムを劣化させてしまう原因になります。

また、汚れだけでなく、水分もゴムが劣化する原因となるので、洗浄後にはしっかり乾燥させ、水分を飛ばしましょう

カー用品店に販売しているタイヤワックスなどに、劣化の原因となる成分が含まれている場合もあるので、保管前は水洗いで十分です。

タイヤの保管場所を選ぶポイント

2

タイヤの保管場所は、冷たく、暗い場所がおすすめです。特に風通しの良い日陰がベターです。

タイヤのゴムは湿気や直射日光に弱いので、日が当たる場所や湿気がこもりやすい場所は不向きです。また、地面に直接置くと、色移りの原因になるので注意しましょう。

賃貸マンションなどではベランダで保管する方が多いですが、ベランダは直射日光にあたり、雨に晒されやすいので、遮断性のカバーをかけて保管しましょう。ベランダにも保管が難しい場合は、ガソリンスタンドや車用品のお店で提供されている、タイヤの保管サービスなどの利用を検討してみましょう。

タイヤはどうやって保管する?

3

タイヤの保管に便利なアイテムが販売されているので、保管アイテムをご紹介します。

遮熱&防水カバー(収納袋)

いちばん手軽な保管アイテムが、遮熱&防水カバー(収納袋)です。

4本をひとつの袋にまとめて収納できるものもあります。

普通のビニール袋で代用できるのでは?と思われがちですが、直射日光や雨からタイヤを守るために、遮熱&防水効果のある専用カバーを選びましょう。

タイヤラック

タイヤラックを使えば、積み重ねて倒れてしまう心配が少なくなります。タイヤの姿は見えてしまいますが、ラックを使うことでスッキリ見えます。

まとめ

あまり目立つ保管方法はしたくない、という方には床下収納壁面収納という方法もあります。

また、単管パイプや木材を使って、自作タイヤラックを作れば、自分の希望するスペースにピッタリ収まります。

保管スペースが確保できない場合は、タイヤの保管サービスの利用を検討してみましょう。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術