お役立ち情報・risoco活用術

クリーニングの保管サービスを利用して収納スペースを確保しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
メイン画像

自宅のクローゼットのスペースは限られていますが、夏なのに冬物のコートなどがかさ張って、スペースを占領してしまっている人は多いのではないでしょうか。そのような状況を改善するのにおすすめの、クリーニングの保管サービスについてご紹介いたします。

クリーニングの保管サービスとは

画像1

クリーニングの保管サービスを利用したことがある人は、まだまだ少ないのが現実です。しかし、クローゼットの収納スペースに悩んでいる人は、試してみる価値のあるおすすめのサービスです。

保管サービスは、クリーニングに出した衣類などを、そのまま決まった期間預かってもらうことができるサービスです。クリーニング屋さんという衣類を扱うプロが、空調で温度や湿度が調整された保管室で保管してくれるため、カビや虫食いなどの心配をしないで預けられます。

保管期間はお店によって様々ですが、半年程度から翌年のシーズンまでの1年近く預かってもらえるお店も存在します。特に冬物のコートやダウンジャケットなどは場所を取るので、冬場以外は保管サービスで預かってもらうと、クローゼットのスペースには大きな余裕が生まれることでしょう。

保管サービスの料金や預けられる点数について

画像2

保管サービスの料金は、お店や点数によって大きく変動してきます。目安としては、5点で5000~6000円前後のところが多くなっていますが、スーツ1着で数百円から預かってもらえるお店も存在するなど、幅広くサービスが存在しています。探してみると、自分の希望にマッチするお店が見つけられるでしょう。

預けられる点数に限度はないところが多いですが、当然多くなればなるほど料金も上がっていくので、場所をとるコートやダウン類をメインに考えて、上手に利用することをおすすめします。

保管サービスを利用する際の注意点

画像3

クリーニングの保管サービスを利用する際には、注意しなければならないこともあります。衣類の保管に関しては万全の体制で保管してもらえるので安心ですが、急に必要になったときにすぐに引き取れないことが多いので、そこは注意が必要です

お預け期間中であっても、ネットや電話などの決まった方法で引き取りの依頼をすれば、引き取ることは可能です。

しかし、依頼をしてから10日や2週間くらいの期間が必要な場合が多く、急に明日引き取りたいなどということには対応してもらえないケースが多いので、余裕を持って依頼するようにしましょう。急に必要になる可能性があるものに関しては、自身で保管する方が無難な選択だといえます。

また、何でも預かってもらえるというわけでもないので、そこも注意しましょう。基本的にはクリーニングに出せるものであれば預かってもらえますが、お店によって違いもあるので、預ける際にはよく確認することが大切です。

まとめ

クリーニングの保管サービスを利用するだけでも、夏場のクローゼットを有効に活用することができます。コートやダウンジャケットがないだけでも、驚くほどスペースを広く使うことができるはずです。

料金とのバランスも考えて、長期間使用しないかさ張る衣類などは、保管サービスを利用してみることもおすすめです

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術