お役立ち情報・risoco活用術

収納スペースを最大限に活かす賢い使い方やスペースの作り方について

このエントリーをはてなブックマークに追加
メイン画像

家の収納スペースは限られていますが、そのスペースを活かすのも無駄にするのも工夫次第です。 収納スペースの賢い使い方や作り方から、家の外に収納スペースを求める方法についてもご紹介します

一般的な家にある収納スペース

画像1

収納スペースの広さはそれぞれ違うといえども、基本的にはどの家も似通っており、どんな家にもあるのが「押入れ」「クローゼット」など、最初から収納を目的として作られたスペースとなります。

一戸建ての家であれば、「納戸」や「階段下収納」などもあるでしょう。家によっては、物置として使える「ロフト」付きのところもあると思います。

ロフトは、一戸建てはもちろん、アパートなどの狭い部屋にあると、非常に便利な収納スペースとして使えます。物が多くて収納スペースを多く確保したい人にとっては、ロフト付きのアパートは魅力的な物件だといえるでしょう。

スペースがなければ自分で作る

画像2

収納スペースはどうしても限られてしまうので、自分でスペースを作ってしまうことも有効です。特に、狭いアパートなどは、一人暮らしだとしても用意されている収納スペースでは足りないことが多く、その他のスペースを有効活用することが大切になってきます。

簡単かつ有効な方法が、デッドスペースに棚を作ることです。デッドスペースの鉄板といえば、洗濯機の上や玄関の上のスペースです。こういったスペースに棚を取り付けるだけで、収納スペースに早変わりします。

クローゼットの中を仕切って分割する方法も有効なので、試してみると意外と無駄なスペースがあったことに気付くと思います。

このように、大きな手間をかけなくても、収納スペースは作り出せるのです。棚自体は、突っ張り棒タイプなど簡単に取り付けられるものが、ホームセンターなどで安価に手に入るので、気軽にチャレンジできるでしょう。

収納スペースを借りるという選択肢

画像3

家の収納スペースやデッドスペースを最大限に利用しても、趣味の多い人や仕事道具の多い人は、それでも収納スペースが足りないこともあると思います。

そんな時に便利なのが、レンタル倉庫などの、収納スペースを借りるという選択肢です。広さや立地にもよりますが、月々数千円からスペースをレンタルできるので、物が多い人にとっては非常に助かるサービスです。

近年では、空調が整った室内のレンタルスペースもあるので、屋外型倉庫での保管が心配な物でも預けられる環境が整っています。

アパート暮らしにも関わらず、仕事や趣味の関係で大きな物を持っている人などは、こういった収納スペースを借りるという選択肢も考えてみることをお勧めします。

まとめ

建物の小さい日本では、常に住宅の収納スペース確保が課題となります。クローゼットなども出来る限り工夫して有効活用し、無駄なスペースも収納へと変える工夫が求められます。

それでも足りない場合は、レンタル倉庫などの利用も選択肢に加えることで、上手に収納スペースを確保していきましょう。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術