お役立ち情報・risoco活用術

ベルトは巻いて収納?吊るして収納?おしゃれなベルトの収納アイデア

このエントリーをはてなブックマークに追加

プライベートでもお仕事でも学校でも、男女ともに使用する機会が多いベルト。巻いて収納しますか?それとも吊るして収納しますか?毎日のように使用するベルトを、便利でおしゃれに収納するアイデアをご紹介します。

1. 皮製のベルトは保管方法に注意しよう!

1

ファッションベルトの中でも、特に保管方法に注意しなければならないのが「皮製のベルト」です。

皮製のベルトは、巻いて収納していると、くるくるとクセがつきやすく変形してしまうことがあります。

また、水や湿気にも弱いので、丸洗いすることができません。専用のブラシやクリームなどでメンテナンスを行い、クセがつかないように真っ直ぐ吊るして収納しておくのがおすすめです。直射日光を避け、湿気の少ない風通りが良い場所で保管しましょう。

2. 巻いて収納するベルトの保管術

2

クセがつきにくい素材のベルトであれば、巻いて収納することができます。ベルトをくるくるとコンパクトなサイズに巻くと、手のひらくらいの大きさになるため、スペースも確保できます。

・引き出し + 間仕切り板を使う

くるくると巻いたベルトを、引き出しや収納ボックスで保管する場合は、間仕切り板を活用すると整理整頓でき便利です。ベルトの大きさに合わせて1本ずつ仕切ってみましょう。

・お好みの素材のカゴで収納する

クールなステンレスやアルミ製、またナチュラルな温もりを感じる木製など、お好みの素材でできたカゴで収納するのもおしゃれですよ。あまり使わないベルトは引き出し、使用頻度の高いベルトはカゴに収納するなどして、分けておくのもおすすめです。

3. 吊るして収納するベルトの保管術

3

クセがつきやすい皮製のベルトなどは、必ず吊るして収納しましょう。くるくると巻くのが億劫な方にもおすすめですよ。

・S字フックを活用する

クローゼットの中のラックや突っ張り棒などに、S字フックを掛けて、バックル部分を通して吊るして収納します。

・ハンガーを活用する

洋服用のハンガーにそのまま掛けたり、木製ハンガーにフックを取り付ける、またはタオルハンガーなどを設置して吊るして収納するのも便利ですよ。

まとめ

お仕事用やプライベート用、冠婚葬祭用など、時と場合で使い分けなければならないベルトは、スッキリと整理整頓して、必要なときにすぐ取り出せるようにしておきたいですよね。素材を見極めて、吊るす収納と巻く収納を取り入れてみてください

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術