お役立ち情報・risoco活用術

収納スペースが拡がる!?モノが多いキッチンで活用できるすきま収納術

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

調味料や調理器具、大きなお鍋まで、様々なサイズのものを収納しなければならない、キッチンの収納スペースにお困りの方は多いのでは?キッチンのデッドスペースを利用して、すき間収納することで、すっきりしたキッチンに生まれ変わります。

100均グッズですきまを活用する壁収納!

2

おたまやフライパン返しなどの調理器具がたくさんあふれ返っているキッチン。 調理器具はスタンダードに、引き出しや筒型の小物入れに収納しても良いですが、100均やホームセンターに販売している、ワイヤーラックや、突っ張り棒、S字フックなどを利用して壁収納することで、デッドスペースを有効活用できます。

スペースの有効活用だけでなく、壁掛け収納は、洗浄後も水切りをしやすく、すぐに調理器具を取り出せるので、調理時間の短縮に繋がります。

調理器具だけでなく、よく使用するマグカップなども壁掛け収納に最適です。

突っ張り棒や突っ張り棚でデッドスペースを活用

3

キッチンシンクの下にお鍋や食器を収納していると、どうしても生まれてしまうデッドスペース。下にはびっしり物が詰まっているけれど、上の空いているスペースが勿体なく感じてしまいますよね。

そんなとき、突っ張り棒や突っ張り棚で二段、三段と仕切っていくことで、新しい収納スペースが生まれます。

新しくできた段に、そのままお鍋や食器を置いて収納するのも良いですし、容器を活用して上手に分類するのもおすすめです。

突っ張り棒で仕切って段差をつける場合、崩れ落ちてしまわないためにもスノコなどを敷いて工夫しましょう。キッチンには意外と活かせていない「すき間」がたくさん見つかるかも…。

調味料は瓶を使ってオシャレに収納するも良し!

4

ついつい買いすぎてしまう、お砂糖などの調味料、コーヒー豆、お茶の葉はオシャレな瓶に詰めて、海外風に収納してもOK。

ただ収納しているだけでなく、オシャレなディスプレイにもなりますし、湿気が来やすいお茶の葉も、瓶に入れておけば安心です。

それでも湿気が気になる場合は、シリカゲルを一緒に入れておくのもおすすめです。家のキッチンスペースに合わせて、瓶のサイズを工夫し、よく使う調味料やコーヒー豆、お茶の葉などを、手に届きやすい「すき間」に設置しましょう。リボンで瓶をデコレーションしてみたりと、アイデアは無限大です。

限りあるキッチンスペースの「すき間」を最大限に有効活用して収納することで、お料理の効率も上がります。

まとめ

キッチンスペースには意外と「すき間」やデッドスペースが多いので、突っ張り棒や突っ張り棚、ワイヤーラックやケースなどを賢く使って、すっきりとした素敵なキッチンを作ってくださいね。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術