お役立ち情報・risoco活用術

2つに分けるのが最大のポイント!大切な漫画の保管術!

このエントリーをはてなブックマークに追加

nゲージ

はじめに

漫画好きの人にとって保管法や収納法は頭を悩ませるものではないでしょうか?ここでは漫画の保管法や収納法について分かりやすくご説明します。漫画の保管や収納にお悩みの方のご参考になればと思います。

漫画を傷めないための保管法

・とりあえず2つに分ける
まず、漫画を傷めないように保管する前にやっておくこととして、手元に置いておくものと、見えない状態で保管するものの2つに分けます。

お気に入りの漫画で頻繁に読むものは手がすぐに届く本棚に置いておきたいですよね?
また、インテリアとして飾っておきたいものもあるでしょう。

いっぽう、持っていることに価値があって飾る必要のないと思える漫画は特にお気に入りの漫画を選んでおき、後はコレクションとして保管しておきましょう。

nゲージ

・立てて保管することが大切
漫画は寝かせて積んでしまうと、下の方の漫画に力がかかってしまい、本の中のページ同士がくっついてしまったり、上下の表紙がくっついてしまったりする原因になります。そのため本を保管する際は立てておくことが重要です。

本棚に並べておくとしても、本を取り出せないほどぎゅうぎゅうにしてしまうと、出し入れの際に傷つけてしまうので注意しましょう。ある程度余裕を持って本棚に並べるのが良いでしょう。

・収納アイテムは丈夫なもの、中身の見えるものを
漫画だけでないですが、本はまとまった量になるとかなりの重さになります。あまりにも大量の漫画を詰め込み過ぎると、持ち上げた時に底が抜ける可能性があります。大切な漫画ですから丈夫な収納アイテムを用意しましょう。
また、収納アイテムを購入する場合は透明なものを選び、中の漫画が分かるようにしましょう。そうすれば、わざわざ開けなくてもすぐに分かるので大変便利です。

・湿気対策も万全に行おう
漫画を収納する際は湿気対策を行うことも大切です。カビは一般的に高温多湿のところを好みますが、古い本のニオイはこのカビだと言われています。空気を通さない密閉したケースが理想ですが、その際に乾燥材を入れることをお忘れなく。

また、段ボールは湿気を吸うので実は漫画を保管するのに適しています。段ボールならスーパーやドラッグストアなどで、無料でもらえますし漫画を収納するアイテムとしておすすめです。ただしあまりに長期間保管すると虫が湧いたり、段ボール自体が痛んだりしてしまいますので気をつけるようにしましょう。

まとめ

漫画を保管する際は、まず2つに分け、1つは目につく本棚などに保管、もう1つは透明なケースや段ボールに保管することをおすすめします。大切な漫画が傷まないよう、ここでご紹介した方法をぜひ取り入れてみてくださいね!

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術