お役立ち情報・risoco活用術

チェックしておこう!最近評判のクリーニング保管サービスの注意点!

このエントリーをはてなブックマークに追加

nゲージ

はじめに

最近評判のクリーニング保管サービスですが、利用する前に押さえておきたい注意点があります。ここではクリーニング保管サービスを利用する際の注意点をいくつかご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

評判のクリーニング保管サービスの注意点

・温度や湿度の管理は万全か
衣類を保管する場合、温度や湿度をしっかりと管理していないとダメージが加わることがあります。

一般的に、カビが発生しやすい環境は温度が15~30度、湿度は70パーセント以上だと言われています。衣類についてしまうとやっかいなのが黒カビだと言われており、この黒カビを落とすのはなかなか大変です。

20~30度で多湿の環境を好むこの黒カビが衣類に発生しないようにするには、温度が20度以下で湿度が60パーセント以下と言われています。この環境が万全なクリーニング保管サービスを選ぶことが重要です。

・紫外線から守られているか
クリーニング保管サービスを利用する際、紫外線から衣類が守られているかどうかもチェックしましょう。

衣類にはさまざまな色があり、黄色やグリーン、赤・・など繊維に色が付けられています。色を付ける染料の分子は紫外線により分解されてしまうと衣類に変色が起きてしまう事があります。

いざ衣類を取り出して着ようとした時、「色がおかしいな?」と思うことってありますよね。
それは紫外線による変色が原因です。この紫外線が最も強いのが4~9月で、特に注意する必要があります。

クリーニング保管サービスを利用する際は紫外線から衣類をちゃんとガードしてもらえるものを選びましょう。

・返却日の変更ができるかどうか
今評判のクリーニング保管サービスを利用する場合、ほとんどの場合で返却時期を事前に指定します。
たとえば10月末に返却してもらうと決めていても、急激に寒くなってくることもあります。
そうなると、手元に冬物がないと不安ですよね?冬物はクリーニングに預けてしまっているし、どうしよう・・となってしまった時に、あらかじめ決めておいた返却日を変更してもらえるとありがたいです。

クリーニング保管サービスを選ぶ際は返却日を柔軟に変更してもらえるところを選ぶことが大切です。

nゲージ

まとめ

今大変評判のクリーニング保管サービスですが、利用する際に前もって注意しておきたいポイントをご紹介しました。ここでご紹介したポイントをしっかりと頭に入れていただき、後になって後悔しないようにしていただきたいです。

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術