お役立ち情報・risoco活用術

今年の冬もベストな状態で履くために!ブーツの正しい保管方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーツ

はじめに

冬のおしゃれに必要不可欠なブーツも春になるとその役割を終えることになります。正しい保管方法を行わないと、冬にいざ履こうとした時にがっかりすることになります。 ここではそんなブーツの正しい保管方法をご紹介します。

ブーツの正しい保管方法とは

・ブーツキーパーを使おう
ブーツは特に通気性が悪いため湿気がこもりやすくなっています。冬は特に気温が低くなっているのであまり汗をかかないと思われていますが、意外と足は汗をかきやすくなっており室内や乗り物などの中では蒸れやすい状態です。
日ごろのお手入れとしてはブーツを脱いだ後はすぐに片づけずしばらく陰で干しておきその後収納するようにしましょう。
すぐに片づけてしまうと、ブーツの中の湿気がこもったままでシューズボックスの中まで湿気が持ち込まれてしまうからです。
さらに、収納する際は除湿剤を使用すれば湿気対策になるのでぜひ利用しましょう。
ブーツのケアが終わったら、必ずブーツキーパーを入れ型崩れしないようにします。もし、ブーツキーパーがない場合には新聞紙を丸めて入れておいても代用できます。

・長期間保管する場合の保管方法
冬が終わりブーツを長期間保管する場合の保管方法として、乾燥材を入れておきシューズボックスに入れましょう。ブーツの写真を撮っておきこのシューズボックスの外側に貼れば、ブーツがどのシューズボックスに入っているかすぐに分かるためおすすめです。

ブーツを購入した時に買った箱ならサイズや色などが書かれているのでぜひ取っておきましょう。たいていのブーツ専用の箱は湿気がこもらないよう穴がところどころあいているため、湿気がこもりづらくなっています。

・定期的に空気を通すようにする
さて、長期間ブーツを保管する際乾燥材を入れておいたからと言って安心するのはやめましょう。シューズボックスや下駄箱を定期的に開けたり、閉めたりしていただき空気を通すようにします。

また、汚れがついたまま保管してしまうとカビが生えやすくなるため、長期間保管する前にしっかりと汚れを落としておくことも重要です。

高温多湿の日本では常に湿気対策を心がけておく必要があります。日ごろのちょっとしたケアや保管方法によって大切なブーツをより長く良好な状態で履けるようになるため、ぜひしっかりと対策を行いましょう。

ブーツ

まとめ

ブーツの正しい保管方法について詳しくご説明しました。どれも費用もかからずすぐにできるものばかりです。大切なブーツをより長く履いていただくためにも、ここでご紹介した正しい保管方法を頭に入れておいてくださいね。

risoco boxは専用ボックスを開封することなく大切にお預かりするサービスです。趣味の物の保管場所、日常の収納スペースとして様々な使い方が可能です。

関連する使い方

カテゴリ

人気の使い方

最新のお役立ち情報・
risoco活用術